国際人として生きるために、英会話を学ぼう。

一人ひとりに合わせて勉強法を変える

英語力の必要性

英会話を習得するときの注意

今、日本の企業では外国人労働者を多く採用しています。その理由としては、賃金が安い、日本人よりも熱心に働くなど様々あります。日本人労働者は、今後、ますます英会話の力が必要とされると思います。実際、一部の会社では面接を英会話で行ったり、英検やTOEFLなどのテストのスコアを採用条件にしています。そのため、英会話というのは必須となる見通しです。大学生の中には、就学中に英会話教室へ通い、就職に備えて英語を話せるように努力している人もいます。もし海外へ転勤することになっても、英語さえ話せるようになれば業務に支障は出ません。会社側としても、英語を話せる人を採用したいと思っているため、英語を習得すると就職活動も有利に働くと思います。このように、英会話の重要性はますます大きくなっています。

現在、英会話教室に通うだけではなく、オンラインによる講座など、英会話を習得する方法は様々あります。しかし、注意しなければならないのは、その授業内容を事前によく調べておくことです。自分の現時点での英語の力によって、選べるレベルは違います。中には、自分は出来ると思いこんで上のレベルを申し込んだが、予想以上に授業内容が難しく、付いていけないという人もいます。そのため、まずは自分の英語の力がどれくらいかを正確にテストし、自分に合ったレベルの講習を受けることが大切です。勿論、全く話せない人用のコースも存在しますので、恥ずかしがらずに積極にテストを受けたほうが良いと思います。最初はうまく話せないことが多いですが、回数を重ねるごとにだんだんとなれていきますので、臆せずに英会話を習ってみましょう。